5cantano

このブログの80%は大宮でできています。

草が本物か偽物か見分けてる小人

【11/8発売 Doors 〜勇気の軌跡〜 MV・メイキング感想】

 

みなみなさまこんにちは。

やっと休日が来たので書けます。書けますよ……!

もう頭の中の私が一人で萌え転がりつくしてしまって

あぁー早くこの気持ちを言葉に……言葉に……!って

うずうずしておりました。やはりメイキングの森には

必ず彼らが住んでいる。ありがとう。

今回このメイキングには入っていませんでしたが、

ジャニwebのレポでどう考えても小人さん同士の会話だろ

っていう会話を大宮がしていたようなので教えてくれて

ありがとうございます……ってなりました。

限りなく小人に近い大宮。

  -------------------------------

MV

 MVっていうか曲の話になっちゃいますけど、

とにかく最初の二宮さんの歌声が最高ですよねって話!

あんなん一気に惹きこまれてしまうよーあぁー

ドラマでも流れる度に「はぁ……素敵」ってハートを

飛び散らかせておりますよ。えぇ。耳福。

あとこのMVの中で二宮さんは前半ずっと暗めの表情なので

もしこの5人が男の子を見守ってる精霊さんだとしたら

二宮さんは間違いなく憂い的キャラを担っているな!と

確信したのですが、そんな二宮さんが後半に向かうにつれて

ちょっと表情和らいでくるのめっちゃドラマチックじゃん……

めっちゃキュンキュンするやつじゃん……ってなりました。

セットもすっごく綺麗でよく作り込まれていて素敵ですよね!

 

メイキング 

 今回のメイキングって、なんだか嵐さんがなんてことない

会話を交わしている姿がみれてほこほこしたり、

お仕事にどう取り組んでいるかの様子が垣間見れたりと

とても素敵な部分を見せてもらえている気がします。

お仕事に取り組む嵐さんたち。

あゆはぴ特典でもそうだったけれども、

ドラマとか、バラエティとかではなく自分たちの作品を

作るという“アイドル”の仕事をしている嵐さんたちを

見れるのって、改めてありがたいことだなぁと実感しました。

スタッフさんとのやり取りとかさ、大事だと思うんですよ!

見たいと思っても普通こんなにたくさんは見れないと思う!

 

・せっかちな嵐

「せっかちめっちゃせっかち」

自分たちのことをせっかちだと言って笑う嵐さんのかわいさぁ~…

せっかちだよねからタオルもらう件から映るなら立つよなとこまで

ずっとずっとまるっとめっちゃ好きな嵐さんなんですがどうしよ。

なんというか、多分、初めてお仕事をされる方たちなのでしょうか?

最初自己紹介とかしてたし……スタッフさんたちに遠慮が見えるというか

大御所扱い……じゃないけど、すごくすごく丁寧に気を遣いつつの

発言が多いように見受けられて、それをそんな風に接しなくてもいいよと

でもいうようにタオルとか地べたとかちゃっちゃか撮っちゃお~っていう

姿勢の嵐さん好きだなと。なんか。わからんけど。

「差支えなければ……」

「まったくないです」

妙な遠慮はいらないよ!という雰囲気。を、感じるような。

実際、待ち時間の間あんな風に雑談して和気あいあいとしてもらえてたら

黙ってじっと待たれるよりやりやすいし頑張ってすすめようと

思って働けそうだなとちょっぴり思ったりしました。(職場の雰囲気重視派)

ただ言われたことをやるわけではなく、ちゃんと意見も交換して

より良いものを作ろうとしてくれている姿勢も感じるし

ここまで綺麗なセットを作ってくれて、設定も、カット割も考えて

くれたスタッフさんとしても嬉しいんじゃないのかなぁ。

良いものを作ろうっていう雰囲気が自然と充満する現場って感じ。

 

「松にぃ現象でしょ」

「そうだよねぇ」

「ふふ」

「往復するのに20秒一人かかるとして5人いたらたった一分で撮れる」

「その間に撮れますよねぇじゃぁ撮ります」

「みなさんもその方が嬉しいはず」

 

誰かの一言からすぐ会話が広がる嵐さんの雰囲気超好き……

すぐ松にぃモードな台詞で遊びだす……っていうか松にぃそんななの!

 

「はい、よっこいしょーいちと」

「はっは」

「わかるかなぁ~」

「久々に聞いたなよっこいしょーいち」

「はははははは」

 

自分で言ったことに一番笑っちゃう翔さん好き。

そんでこの後タオル持ったまま歌えばいーじゃんって

翔さんに言われてその様子をやってみる相葉さんがいるんですけど

もう完全に嵐さんを楽しませるためだけにやってることだから

あぁ、あぁなんだこの5人は!!仲良しかよ!!平和!!

ってじたばたしました。背景と嵐さんの和やかさマッチしすぎ。

 

そんでこのあと映ってるんだか映ってないんだかわかりませんが

撮影始まっても大野さん普通に指いじいじしてて笑った。

 

・いじけ気味翔さん

「ラップ書いてんの。したら……」

言い方が非常にかわいいです。好きです。

頑張って!翔さん頑張って!ていうかめっちゃいいリリックでした!

そしてこのとき同時進行で行われてる泣き虫ちゃんの会話気になる~!

「変な人じゃないんだけどね。変な人じゃないと思うんだけど」

 意外とまぁまぁ、人見知り激しいかもしれないけど」

「飯行こうって言って結局行けなかったね」

「確かに」

「やっぱり……今言ってる場合じゃなさそうだみたいな」

一体誰の話なんだろ~。

 

・日焼けする大野さん

「もう塗らない方がいいんじゃないの?」

出ました二宮さんお得意の究極説。0か100か。

ところで私は二宮さんの口から「焼き切る」という単語を

聞いたのは焼肉のお肉について話してたとき以来です。

 

「よくそこまで焼けるよねぇ」

「なんかねぇ、ぬっても駄目なんだよね」

「ぬってんの?」

「ぬってるよ」

「もうぬらない方がいいんじゃないの」

「なんで?」

「ぬらないでもう、焼き切っちゃっていいんじゃないの」

「ん~、ぬったほういいね、きれいに焼けるからね」

「ふっ、きれいに焼きたいわけじゃないでしょ」

「ぬらないと皮むけるの」

「あぁ~」

「ぬったら皮むけないの?」

「うん」

日焼けし過ぎてちょっぴり日焼け事情に詳しくなってる大野さん

(ただし、相変わらず日焼けは防ぎきれない模様)

 

 「ん~ワンサビ気になるわぁ」

「ワンサビ」

「ワンサビだよ?」

「ワンサビです」

「ワンサビ」

「すみません」

「イチサビっすよね?」

「いえ、ワンサビです」

「ちゃちゃイチサビはやんないっす今日。ワンサビです」

「ワンサビ」

「だってイチサビですかって聞いたら『ワンサビです』って」

「ははは」

「ははは」

「やんないのよ今日」

「あ、すんませんって」

「今日じゃない日にやるから」

「こだわりあるんだなぁ~」

 

~サビの語源について話す嵐~

 

\じゃぁ、イチサビの前から並んで行きまぁす/

「イチサビって言ったよ?」

「ふふっ、あれっ?」

 

かわいいが過ぎる……嵐……(ぱたり)

スタッフさんの「1サビ」の言い方が気になる嵐さん。

小声でめっちゃイジってるじゃんか……嵐よ……

こういうふっつ~のなんてことない会話盛りだくさんで楽しい。

 

・森の妖精みたい

翔さんは妖精だのサンタだの大野さんに

ファンタジー像を見出しがち。わかる。わかるよ。

 

・子役くんからの小人

子供に微笑む嵐……嵐おじさん……優しい好き……

と、微笑ましい光景を温かく見守ってしまいますね。

ね。わかる。見守っちゃうよね。だけどそれだけじゃだめだ。

見逃すな絶対に大宮の行動を見逃すな。

正しくはその微笑ましい交流が終わった直後ですが。

監督さんが真剣にこれから撮るカットの設定を説明している、

ここ!はい!はい後ろ見て!後ろの大宮見て!(0:14:16)

光でよく見えないかもしれないけど見て目を凝らして!!

理由はまったくわかりませんが、大宮がしゃくれ合っています。

何故今このタイミングでしゃくれ合う必要があるのか……

一体大宮は何をみてしゃくれ合っているのか……

二宮さん口をぱくぱくさせてる?ようにも見えますけれども

とりあえず意味がわからなすぎてめっちゃ大宮。(よくある)

 

・大宮手遊び

ひぃ……ひぃ、かわいい……(ぜぇはぁ)

大宮のお遊びは基本的に静かなものが多いですが、

これって今までの環境があったからこそ

生まれた特徴なのではと思うと非常にツボです。

いっつもこうやって静かにしなきゃいけないようなところで

ひっそりこっそり遊んできたんでしょ。

だからどれもこれも無言のやり取りで楽しめるやつなんでしょ。

かわいいかわいいよう!!(じたばた)

一回目、手をさっと避けたあとしっかり大野さんの表情を

窺う二宮さん超ツボなんですけど……大野さんの反応を

楽しみにしてるかわいいかわいい笑っちゃってるかわいい

手で口元隠してるけど笑っちゃってるよかわいいかわいい

この件をずっと真顔でやってるのに、スタッフさんの中断に

よって表情が崩れちゃうの超かわいいね大宮かわいいね……

こんなゆっるいお遊びがあるだろうか……果てしなく緩い。

握手しようとしたのに空ぶった手を誤魔化すってさ、する?

30代後半でそんなゆるいお遊び思いつく?大宮天才じゃない?

ゆるかわいいの申し子大宮。ゆるかわ。

こんなゆるいお遊びで楽しめるのって、

二宮さんの無邪気な発想とそれに対応できる大野さんの瞬発力。

この2人の特化した能力のおかげで成立してると思ってる。(真剣)

同じゆるさを持った2人が並ぶと、

二宮さんが唐突に大野さんに何かを求めて(発想)

大野さんが瞬時に察して反応する(瞬発力)

このバランスがうまく噛みあうからあの空気が生まれるんだよ……

大宮尊い……(目頭を押さえて)

すみませんあまりにも大宮らしいゆるさを見せられて

興奮してしまいました。リラックス効果がやばい大宮。

 

・いんたびゅ

シングルでアルバム&ツアー作成に触れてるのなんだか珍しい!

というかもう11月ですね。あゆはぴで作ることの大変さを

目の当たりにしたので、今もきっとあんな風に汗水流して

真剣に向き合ってくれているんだろうなと思うと感慨深いです。

 

・お疲れ様でした!

大野さんの挨拶のゆるさがクセになる。

「ありやっしたー」

「たった~」

「た~」

「ありやした~」

すっごいゆるい……「たった~」って何めっちゃかわいい。

「た~」って……許される。大野さんなら許される。

 

・エンディング

メロディが良い感じに流れるエンディング。

子役くんとともに撤退する嵐さん。ここ。

0:24:20の二宮さんの右手の位置を見逃すべからず。

見逃すべからず。(大切なことなので2回言いました)

 

 

はい!というわけでDoorsのツボ書きでした。

一個見終えてもまだもう一個あるってめちゃくちゃしあわせな

ことじゃない……!?しかも雰囲気がまた別物で!

 もう一方の方は細かい分時間がかかりそうです。

今日はMステもあるし……わくわく!なうねばも観たいなぁ。