読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5cantano

このブログの80%は大宮でできています。

お疲れ様でした。

 【第67回NHK紅白歌合戦  カウコン】

 

相葉さん、初めての一人での紅白司会お疲れ様でした。

私は、本当に申し訳ない。今年もチャンネル権を得られず

最初から最後まで見届けることはできませんでした。

だけど、どうしても最後だけは見届けたくて。

やり切った相葉さんを観たくて。家族に断ってから

自室に走り急いでパソコンを付けました。

だから最後しかあなたの頑張りは観れていないんですが

お疲れ様です。本当に、お疲れ様!!

 

 -------------------------------

あけましておめでとうございます。

2017年もどうぞよろしくお願いいたします!

まさか一発目の記事をこんなにも早く書くとは

思ってもいませんでした。カウコン観たら寝るつもりだったのに。

でもだって、2016年最後と、2017年の最初に、すごくすごく

いいものをみせてもらったから。これはもう書くしかないよね?

 

上記にもあるように私は今日紅白をほっとんど観れていません。

だから、今日の進行がどんな感じだったのかとか

相葉さんがどんな風に司会のお仕事をやりとげたのかとか

Twitterでのみなさんの反応でしかわからないので

ほんとにほんとになにも言う資格なんでないんだけれど。

最後、相葉さんがこらえきれずに流した涙。

これは一体、どんな涙なんだろう。

私は、いつもの4人が周りにいることでほっとして

安心からきた涙だったらいいなと思います。

でも、もしかしたら悔し涙かもしれないのかな。

周りがどんなによかったよ!頑張ったよ!といっても

彼は自分をどんな風に自己採点しているんでしょう。

わからないけど、きっとそんな風に責任感が強いってことを

誰よりもわかってる4人が、最後に相葉さんのそばにいて

背中をたたいて、肩をぎゅっとして、奮い立たせて

落ち着かせることができる距離にいて、本当によかった。

わんらぶの移動のタイミングで相葉さんの顔を見て

カラッと明るく笑い飛ばした二宮さんの姿が目に焼き付いて

離れません。その声に反応した大野さんの表情や

こっそり確認したんであろう潤ちゃんの後ろ姿。

その後ちょっと笑みが浮かんだ相葉さんの口元も。

全部が全部とっても温かい空間で、最高だった。

多分、翔さんだってとっくに気付いてたしみんなわかってた。

大野さんなんてもう最後ちらちらちらちら相葉さんのこと

みてて、早く抱きしめてあげたいみたいなそんな空気感が

びしばし伝わってきたしもう立ち位置なんてカメラなんて

放って大野さんが相葉さんに手を伸ばした瞬間、二宮さんも

潤ちゃんとともにぎゅっと相葉さんに寄り添いにいって

次相葉さんが映ったときはもうさ、もうたまらなかったよ。

あの4人の手に、相葉さんの背中や肩に置かれた手に、

一体どれだけの気持ちが込められているんだろうって思ったら

もうさ、もう……

 

嵐大好きの気持ちが止まらないんです

2017年も幸先いいスタートを切りました

今年もよろしくどうぞ!!

 

いや、まだあのときは2016年だったけども……

いやもうでも止まらないよ止められないよ。

「お疲れ様」「泣かないで」「頑張れ」「よかったよ」

「相葉ちゃん」「もうひと踏ん張り」「ここにいるよ」

全部全部私の勝手な想像だけど、でも、確かにそこには

4人から相葉さんへのたくさんの温かいエールがあったと

私は自信を持って言えます。そしてうんと力強く頷いた相葉さん。

頑張って頑張って、一生懸命引っ張ってきて、最後の最後で

気持ちがあふれちゃって涙を流すって、相葉さんてなんて

人間らしいんだろうって心を打たれました。

最後はちょっと駆け足で、びっくりな展開で、戸惑ったけど……

旗を持った相葉さんを観れなかったのはちょっぴりだけ

残念だったけど、でも、もう、なんていうか勝敗とかじゃない。

それよりもすごく素敵なものをみせてもらった気がするから。

ありがとうございます。

すごいプレッシャーがかかる仕事だとわかっていても、

紅白の単独司会というお仕事をしてくれて本当にありがとう。

相葉さんのその気持ちのおかげで私たちはいい年越しができました。

ゆっくり休んでくださいね。

 

そして、その後のカウコンでもさ……もうさ、ねぇ?

大好きだよ。あぁもう何回言わせるんだよ!!

 

嵐さんが、大っ好きなんだーーー!!!

 

思わず脳内の私が海へ走り出してしまうくらい

嵐さんの嵐愛がとどまることを知らずでしたね。

文字通り背中に相葉さんを背負ってきた嵐さん。

隙あらばすぐに後ろを向いて相葉さんをアピールする嵐さん。

「OK,Alright 世界の果てまで あきれるほど君と」

このとき4人にとって画面の向こう側ににいるのは

私たちファンではなく、間違いなくNHKに残してきた

相葉さんだったよね……!(ハンカチを手放せない)

あぁもうなんといったらいいのか……。

 

あったかいなぁ。

 

ほくほくするね。嵐さん。

誰よりも“5人”でいることを大切に大事に想ってくれてる。

背中にメンバーを背負ってることを恥ずかしがらずに

それみろ俺よりみろこの自慢のメンバーをみろと

言わんばかりに、大役をこなした相葉さんを誇らし気に

アピールしてくる。そんな4人をみて

 

好きと叫ばずにいられますかこれがぁ!!

そらすぐに年明け一発目記事書きにきちゃうでしょぉ!!

 

止まらないよ。止まらない。

あぁ。支えあう嵐さん。優しい。あたたかい。

どうか、笑っていてね。自分を責めないでほしい。

「謝らないでぇ」といった翔さんの言葉がすごく印象に残ってる。

歌の時やけにテンションが高く見えた翔さんの姿がすごくすごく

印象に残ってる。誰かが落ち込んだときは他の人が。

そうやってバランスをとって立ち上がれるまで待っててあげる。

無理させずその役割を担ってくれる。

そんな5人の嵐の姿が見れたような気がしました。

 

あけましておめでとうございます。

今年ももうこんなにも大好きです。

2017年もはっぴーな1年になりそうです。