5cantano

このブログの80%は大宮でできています。

6月26日(日)5時間目 復習ノート?

相葉ちゃん!!この際ゆっくり休んでしまえ!!
私たちは大丈夫。相葉ちゃんは必ずあの笑顔で戻ってくると信じているから!
自分を責めることはないんだよー。大丈夫だよー。

心配な気持ちは心の底にあるけれど、
彼は、ファンに心配かけるってことがとても辛いだろうから
私は落ち込まずに彼の帰りを待つことにします!
大丈夫大丈夫。あの子には4人と素晴らしいスタッフがついているもの。

と、いうことでワクワク学校レポートの続きです!
ちょっといつまでかかってんのって話ですがどうかお付き合いください……!
テレビの感想はうんと……多分月曜日に!モモンガやばいかわいい。
あとBOSSが続編フラグでとっても嬉しいです。また帰ってきてー!
おもしろかったなぁ。大好きだなぁ。
離婚弁護士でてきたときめっさテンションあがった!
次やったときはぜひ嵐と絡んでください。


そんなわけでぽちっとどうぞ!
あー風邪ひいたっぽいです。これまいったな。夏風邪って確か……ごにょごにょ。

※一言一句同じというわけではありません。
 メモ書きと記憶力を頼りに書いておりますので多少違うところもあります。
 「こんな感じだったんだ〜」という体でお願いします!雰囲気雰囲気!


●3限目 相葉先生 パクパクの授業

豚肉のカレー炒めを作りましょう!ってことでお料理開始。

「パカパカ先生ですか?」
「パクパクだよ!パカパカって馬じゃん!」

立ってるついでにとかよくわからん理由で料理アシスタントににのちゃん任命。
今日もにのあいは絶好調超。

「相葉さん、5回目にしてやっと油の量がわかってきましたね」

ほうほう。アシスタントの二宮くんは褒めて伸ばすタイプですね。
あれ、ていうか生徒に褒められる先生って……いや、これが相葉先生のいいところ!

「先生。我は何をすればいいんですか?」
「スープとかよそって、給食当番やってよ」
アシスタントかと思ったら給食当番だった二宮くん。
言われたとおりトレーにパン置いたりスープよそったり。

最後に砕いたルーを入れるんですが(「あんな固いものを砕いたんですかさすがですね!」←ガヤ)
そのカレールーはバーモンドカレーです!これポイント!

なんでバーモンドなんですかー?という生徒の質問に
「はちみつとりんごがはいっててあいしょうがいいんです!」
「雅紀感激!」
とのこと。だからみんなもバーモンドでね!

「大野くん聞きたいことあったら」
これ大野くんなんて言ったか忘れたけど、二宮くんが急にふったからテンションあがったんだろうね。
がー!っとメモってありました。解読大変。何故ふったし!って書いてある。

あいかわらず天使な相葉先生の料理が完成。では食べましょうー!
給食当番の二宮くんが給食を配ります。

「じゃぁ大野くん取りにきてー」 
大野くんに手渡す→自分の給食を持つ→席につく

給食当番が公平じゃない。
大野くんだけ名指しで手渡しでした。他の2人は完全自主制でした。
私はえこ贔屓の瞬間をこの目でしっかりと見ました。

「みなさん、手と手をあわせて」
ー」

違うでしょ!っていう先生と、我々なーむー世代なんですよという生徒のやり取りが
ほんとかわいかった。息ぴったりでしたよ。もちゃもちゃ嵐!

生で「うまいぃー↑」もきけました。

「まじであなたうまくなってるよ!」
「親父よろこぶな」 ←いつでも親父のことを想ってるね彼

やっぱり生徒が先生を褒める形式なパクパクの授業。
ここで、この豚肉がどこからきてるか知ってますか?という話に。
こっから突然重たいVTR開始。

豚の世話手伝ってたら、最後に出荷する豚を10匹選べといわれた相葉ちゃん。
この作業してるときの相葉ちゃんのなんともいえない表情が忘れられません。
多分、どーゆう気持ちで臨んだらいいかやりながら悩んでたんだと思うんだけど
最終的にでた豚さんへの言葉が「おいしく食べてもらうんだぞ」でした。
なんかすごく相葉ちゃんぽいなと思った。
ごめんねとかばいばいとかそーゆうことじゃなくて、おいしく食べてもらえ、と
豚が殺されてしまうことを受け止めた上でじゃぁどうしたらこの豚は幸せになるかなって
そんな風に考えたのかなって勝手に思ってるんですが
そーゆう言葉がでてくる相葉ちゃんがすごいなぁと思ったし、好きだと思った。

私はご飯残さない主義なので、今後も絶対残しません!
ご飯を残しがちな三女にこのことを一生懸命伝えたいと思います。

『ごちそうさまありがとう 雅紀』


●4限目 櫻井先生 パチパチの授業

気付いたら二宮くんの髪がぼっさぼさ。前髪が全部目にかかっています。
誰か曰く「雨上がりみたいな」です。ビリビリの授業が相当きつかったようで
何故か全然関係ない左肘の関節が激烈に痛い二宮くん。

ここから街にどんな褒めポイントがあるか的なVTRに入るんですが
「ある方が見てきました」という先生に対し
「あれ先生だよね?」と、口々にいう生徒たち。認めない先生。始まる映像。

お茶の水博士みたいな人がどーん!
この姿で歩くのが恥ずかしい博士。でも頑張る博士。
なんかやけにテンションがおかしいなぁ面白いなぁと思ってみていたら
前日3時間睡眠でこのロケに臨んでいたようです。どうりで!
ちなみにこのVTRのテロップが私すごく好きでした。
あれ?画面の左下とかに四角く囲われてでるスタッフのつっこみ的な言葉って
あれテロップって言うんだっけ?あれ?なんかど忘れ。あってたっけ。
よくわかんないからテロップで通しますが、これがなんかすごく好きだった。
愛があったね。愛と遊び心を感じました私。

で、このVTRの間、私はすごく二宮さんを観察したかったわけで。
櫻井先生のときにやっと「はっ!そういえば二宮さんてこーゆうとき遊んでそう……」と
生でなければ確認できないことを思い出したわけですよ。
VTR中教室は暗転ですので、4人の生徒さんは肉眼じゃよく見えません。
でね、見たかったんだけどね。隣の生徒さんがやけにチラチラこっちを見てきたもんですから
「あ、なんか邪魔なのかな……?それか嫌なのかな」と、別に乗り出したりとかしてないけど
やけにこっちを気にされていた(ような気がする)ので、不快な気持にさせてはいかんと思い
ガン見はできませんでした。くそぅ……ずっと二宮ウォッチングしてたかった……!
ただ、ちょこちょこっと覗いたときは机で楽器演奏の動きをしたり大野くんと話してた気がする。
ちゃんとVTRを見ていなかったことは確かです。それだけは断言できます。(お前もな)

VTRを見終わって「何か気になることは?」の質問に

「鼻が取れたことですね。やっぱ先生じゃん?」
と、お茶の水博士っぽい人は先生だろー!と問い詰める生徒たち。

「先生です」
最後の最後でやっと認めた先生。あのロケは先生的に色々あったとか。

付け鼻は、ガムテの両面テープでつけてて、超痛かったらしい。
目元がめっちゃひっぱられたらしい。「あぁ、だからなんかホリ深かったんだね」
丁度下校時刻で学生がいっぱいいて、女子高生に「あれとんねるずじゃね?」って言われて
その後ちょっとテンション下がって「あ、櫻井じゃね?」って言われたらしい。

で、他にもいっぱい褒めることがありますねって話に。
そういやドーム内の説明してなかったですけど、今回は真ん中に四角くステージ(教室)
で、あと周りをバルーンアートが囲っていたんです。豚とか牛とかの絵でした。
10万個もの風船を、膨らまして素敵なアートを作ってくれたスタッフにパチパチ!ってことで
生徒みんなと5人がスタッフさんにパチパチ。次はメンバーを褒めよう!

「大野聞いてるか!今から君を褒めようと思ってる」
「え!僕ですか!ニノだと思ってました」

1限目のドキドキの授業で(一回ビリビリの授業と言い間違えました)
水をかけられたけど2限目ではもう乾いてましたねってことで大野くんのジーパンにパチパチ!
下半身を突き出して歩き回る大野くん。ドヤ顔ドヤ顔。

そのあと、今日来てくださったみなさんに僕たちからパチパチを。ということで
嵐さんからパチパチを頂きました。
広いドームに響く5人だけのパチパチになんだか照れくさい気分になりました。


『いつも心にパチパチを 翔』