読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5cantano

このブログの80%は大宮でできています。

新曲を聴く余裕がなかった

大宮

大宮お食事戦争の情報が順調に入りすぎて怖い。


まさかEnjoyの話題を二宮さんの口から聴くことができるなんて……!(@ベイスト)
しかもものすごいとこから話題ぶっこんできました。
Q. 「VS少女時代の踊りは練習する時間あったんですか?」
         ↓
A. 「2、3分でしたね。……あ、そういえば(話題切り替えどーん)」

手紙にあった「大野君」というたった一言の文字から無理矢理つなげてきました。
「あ、そういえば」的な感じだったけど、違うよあれ言いたくて仕方がなかったに決まってる!!
1週間のうちに2回もリーダーとご飯食べたんだよーって言いたくて口がうずうずしてたんだ!

以前から私は、100万回の誘いが報われた時が来たら、
きっと彼はとても嬉しそうに報告してくれるだろう。その時を待ってるよ!と言っていましたが
ついにその時が来ました。

ちょーぉ嬉しそうだった。


漏れてる!嬉しさだだ漏れてるよにのちゃん!って必死にテレパシー送りました。
私の耳に大宮フィルターがかかってるとは言え、嬉しそうだった。そう聴こえた。
もう泣きそうになったよ私。だって、だって……

これ。2人きりじゃないんだぜ。






2回とももう一人別の人がいるのに(一回目:J 二回目:大宮の共通の知り合い)
それなのにあんな嬉しそうに話すにのちゃんの声を聞いて、涙がでました。
うぅ……健気、なんて健気なのかしらこの子……(ちょろり)
うんうんよかったね、よかったね……!って、涙をそっと拭いつつ、
にこにこ尻尾ぶんぶんふってるわんこの頭をなでなでしてあげたい。愛おしい。

と、涙を流す反面、おもしろすぎて顔がにやけすぎました。(The☆矛盾)
ごめんなさい、ホントは涙流してないです。でも気持ち的には泣きました。だって健気で!
でも健気なにのちゃんに感動するよりも先に大宮坦の部分が勝っちゃったよね。
だっておもしろすぎますって。今日のベイスト録音したかったまじで。あーぁ!

んで、「3人でご飯食べて、Jが酔っ払っちゃったからうちに来た」的な
さらっとものすごい末ズぶちかましてきたんですけど、(Jとはよく2人で飲むそうな)
(でもリーダーとは的なこと言ってた)(もうそこに関してはみんな知ってます)
それより私が気になったのは、さらっと消えたリーダーの存在ですよ。
なんでー!なんでそこにリーダーはいない!大宮ってわかんない!だけど好き!だから好き!

その後もリーダーと亀ちゃんの約束の話して、
リーダーの絵をべた褒めして。(デレだったね今日は)(よっぽど嬉しかったんでしょうな)
電波を使って(リーダーのために)亀ちゃんへ伝言をして。
2回目のご飯はラジオの前日だったようなのでまだ興奮が冷めてなかったんでしょう。
だからあんなわかりやすく声が高かったんでしょう。

それはもうずいぶん長いことしゃべってくれました。
それを聞きながら私はベッドの上で転がりまくってました。じたばたしたよ。マジで。
いやあれをじっと微動だにせず聞くのは無理ですって。暴れたくもなりますって。




あー!!!!大宮ー!!!!!